最新記事

スーツを適当に選んでしまう人もいますが、かなり細かいところまでこだわる人も少なくありません。
中でも、パンツ丈のクッションにこだわる人は多いです。
パンツ丈のクッションとは、簡単に言えばすそのたわみのことです。
スーツの場合、クツを履いた状態でたわみひとつ分のワンクッションが理想とされています。
ただ、すその幅が狭い細身のパンツの場合、ワンクッションだともたつき感が出てしまうので注意しましょう。
甲に当たるか当たらないかのハーフクッション、またはノークッションにすることです。
また、パンツ丈を調整するときは、きちんとベルトを締めて、革靴を履いていくのが原則です。
ですから、店舗を訪れる際は、スニーカーはNGと言うことになります。
ちなみに、パンツにはノータックやワンタック、ツータックなど色々ありますが、スマートに見せたいのであればノータックかワンタックにしましょう。
また、インタックの方がすっきり見えます。