最新記事

スーツの仕立て屋もブランドもそれぞれ独自のスタイルを持っています。
ダブルブレストに腕の冴えを見せる職人もいれば、ハンティングジャケットのようなスポーティなものが得意だという仕立て屋もあるなど様々です。
スーツスタイルを選ぶということは、つまり仕立て屋やブランドを選ぶということにつながります。
イタリアなどは都市ごとにカッティングが異なるなど、自分たちの匂いを大事にする文化があるほどです。
フィレンツェの粋がいいのか、ナポリの伊達を愉しみたいのか、ローマのクラッシックを着たいのかなど、そんな選択の仕方もあります。
レストランに入って、ワイン選びに自信がないとき、ハウスワインを試す人は多いです。
ハズレを避けようとするのなら懸命な選択です。
そう考えるのなら、初めての仕立て屋では、まずはその店のハウススタイルを味わうことも大事になります。
オーナーである職人が着ているスーツが素敵なら、迷わず同じものを仕立てるようオーダーしても問題ありません。
その店のハウススタイルが好きかどうかが基本ベースで、職人は客に合うようなアレンジを加えてくれるので安心です。